trc

2016年4月23日土曜日

ダイロン マルチ (衣類・繊維用染料) DYLON Multi Hokkaido

ダイロン マルチ (衣類・繊維用染料)  DYLON Multi Hokkaido 

英国はロンドンのダイロン社が
生産している衣類用染料のマルチ、
何やら発売から60年以上を経過
とか、結構長い。




裏の説明書き、綿がよく染まるらしい、
1袋でTシャツ2枚が目安で、お湯の
温度は80℃ほど?お風呂だったら
ちょっと熱ちぃなぁ・・。

80℃のお湯を6リットルほど用意し
塩を30gほど溶かしてマルチを入れ
よく混ぜる、それに衣類を広げて
浸し30分ほど揉み洗いって、超ぉ~
熱いっしょぉぉぉ・・。

取り合えずゴム手袋を付けて撹拌機
とか棒とかで衣類を転がしながら染料
に漬けること約1時間、ちょっと長めに
やってみた、ムラにならんでねぇ~。




そんでこの怪しげな箱はカラーストップ
と申しまして、染めた衣類の色落ち防止、
染色後にこいつに漬けて完成・・らしい、
つまり染めただけでは色落ちしてしまう
んすなぁ。




衣類は事前に塗らし溶剤をお湯に
溶かし15分漬けなさい・・と書いてる、
ですがぁーここで疑問がぁ・・染料は
1袋でシャツ2枚が目安に対し、この
色止めは1袋で8枚が目安、じゃー
4分の1ですねぇー、だけどパッケージ
のビニール袋は液体が実に別けにくく
意地悪的、しょうがないので小瓶で
小分けする。




取り合えず最初はオリーブ色で染色、
なんとなくマダラっぽいけど、そこは
お愛嬌、初だし。

長年愛用し色落ちしてくたびれた感じ
のシャツやズボンを染色して復活、この
意義は少々深いと思う。

色落ちするほど着古した衣料は基本
的に丈夫で長持ち、着心地もよく機能
的で捨てるに忍びなかったり・・。

それが染色で心気一転した復活は
購入よりも嬉しかったり・・。

やり方は大体わかったぞぉ~何着
染め直すっかなぁ~単純な色染め
だけでなく色の合成も面白そうだ、
染めた衣服の染め直しも出来る、
こりゃ~当分楽しめる・・かな。