trc

2016年8月27日土曜日

スルメイカ マイカ 刺身 津軽海峡 北海道 Todarodes pacificus Hokkaido

スルメイカ マイカ 刺身 津軽海峡 北海道 Todarodes pacificus Hokkaido


スルメイカの刺身は7月に限る、
などと偉そうに言ってたら、今年の
初漁は8月下旬になってしまった。




朝5時に出港し9時過ぎに帰宅、
さっきまで小谷石沖合の水深
120mぐらいの津軽海峡を泳い
でいたスルメイカ君。

鮮度の関係でまだ色がコロコロ
変化する、釣ったイカを氷で冷やし
出来る限り短時間でお刺身に、
理想は5時間以内ぐらいでしょうか。




ということで大急ぎでお造りに。




丸皿で恐縮ですが、やっぱぁ~
矢越のイカはうんめぇ~!

米や野菜なども産地で味が違う
ように魚介類も漁場で味が変わる。
同じ津軽海峡のスルメイカでも
矢越のイカ刺しは格別の味わい。

また家内のお造りは細く切って
揃えて皿に盛るタイプで、不思議と
この切り方や盛り付けでも味は
微妙に変化する。

食べながら、これに優る刺身って
あんのかなぁ?とさえ思えてくる、
本当に知内町を代表する名産品
ですなぁ~。