trc

2016年10月22日土曜日

Diamond Reel MICRO7 CS OHMORI S.S. 大森製作所 ダイヤモンド リール マイクロ セブン Hokkaido 北海道

Diamond Reel MICRO7 CS OHMORI S.S. 大森製作所 ダイヤモンド リール マイクロ セブン Hokkaido 北海道
Diamond Reel MICRO7 CS
またまたリールのお話し、晩秋は
夏場一緒に遊んだ釣具のメンテ
シーズン、時節柄?申し訳ありません。

愛好する大森製作所社のダイヤ
モンドリール MICRO7 CS です。




ところでハンドルを外した穴を
ふさぐ丸いキャップに書いてる
文字、小さすぎて肉眼では読めま
せんが、なんか気になりません?

超小さい文字で”左右どっちゃでも
使えます”のような記載?だったり・・。




大森製作所社の伝統、マイクロセブン
シリーズ、初代は1960年代でこれは
1980年台に生産された最後のマイ
クロセブン Cシリーズ。




同社のMICRO7シリーズは名品揃い、
こいつも外観は平凡でも中々の作り、
さっすがぁ~マイクロセブンですなぁ。




糸を巻き付けるスプールを外すと
こんな感じ、回転するローターの
作りもスプールの内側もすっきり
爽やかでいい感じ、ここは大切な
ところ。

スプール内側の向かって右下に付い
てるネジが解ります?スプールが
回転すると響くラチェット音用ですが、
通常ここはネジ無しも有り、そんな
部分に立派なネジを使用とはコスト
ダウンは無視?

最初見た時は、なんだぁ~このネジ?
はぁーラチェットねぇ・・すごぉー立派!
とちょっとした驚きだった。

※いい道具にはいいネジが・・
 ネジで興奮する妙な性格




ハンドルと3本のネジを外しボディ
左側のカバーを開けると、スプール
を上下するクランクとメインギアが
ポロリ・・至極単純な作りでメンテ
ナンス性も良好。

カーボングラファイトボディや
ハンドルやメインギヤやピニオン
ギアやネジ一本まで語れば切り
がない作り・・。

その結果が

自重180g
ライン3号100m
釣力6kg

を実現、これは滅多にない数値です。
特にロータの軽さは素晴らしく感度も
良好、やっぱりスッキリしたロータ周り
は大切です。

個人的に同社のリールの中でもとても
高性能で完成度の高い製品に見えます。
サイズ・自重・耐久性・メンテナンス性・
巻き上げ力・ドラグ性能など欠点がどこ
にもない・・。

しいて言えば性能に反し地味過ぎる
外観。でもなぁ・・こんな高性能で耐久
性の高い釣具を作り続けていればどう
にかなっただろうに・・とつい考え込んで
しまう、そんなリールだったりもします。